スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄麦欲望カルナバル 

という訳で、カタンの大会に行って来ました。

行く前の記事で、
将棋部以外のカタンプレイヤーの雰囲気が想像がつかずどっきどき
とか言ってましたが、結果から言うとほぼ同じでした。
というか一部完全に将棋部でした。

具体的には、
①会場への道中で、同じ大会に出そうな人たちが判別できる。
②開始時の「よろしくお願いします」と、初期配置の駒の打ち方が明らかに将棋。
③というか一軍戦で当たったことがある大学の人がいる。
④むしろmixiのO下教コミュに入っている人が決勝卓にいた気がする。(!?)

サイコロを投げる用のプラスチックのかごが出てきたときも
「あーこれワーバスのかごだー」という反応がありましたし、
やはり同じボードゲーム同士、層がかぶるのは考えてみれば当然ですね。

どちらかと言えば、カタンの方がゲーム中に交渉がある分
初対面でも結構しゃべれる気がします。
フレンドリーな人が多くて個人的にはとても楽しかったです。


大会の内容に関しては、
タイトル通り鉄麦チャンカ大好き路線を突っ走った結果、0勝4敗でしたw
60分と言う時間制限があったため(時間オーバーの卓は勝利者なし)、
いざという場面では趣味に走ったので、勝ちづらかったものの大いに満足はしたw

一番楽しかったのは、会場にいろいろな種類のカタンが用意されていて、
対局のたびに違う種類の盤で遊べたこと。

私が使ったのは、一番最近発売されたスタンダード版(日本語)と、キャリーケース版、
チャンカの判別がつき辛い中国語版と、駒が木製のドイツ語版でした。
他にも韓国語版と見やすいハナヤマ版もありました。

駒やカードの呼び方も人によって違ったのでそれも新鮮でした。
「収穫」が一番呼び方の種類があって、開拓とか開発とか発掘とか。
ドイツ語版でプレイした卓では、盗賊やロンゲストもドイツ語読みだったのでびっくりした。


まあ、そんな感じで楽しかったです。
あと近いうちに家でもカタン会をやる予定なのでお暇な方は是非。
スポンサーサイト

北欧から遣って来た座りやすい椅子とは何だったのか。 

『頭を鍛えるボードゲーム』 日本経済新聞

おすすめボードゲームランキングですってよ、奥さん。


1位ワードバスケットかー!!
これは市大からの流入で部内で流行りましたが、おもしろかったですね!
一時期だいぶはまりました。
高校の生徒会同窓会に持って行ってやったこともありますが、
ルールも簡単で結構気に入ってもらえました。

そして4位カタン!
カタンも元々は市大から…というよりボードゲームはほとんどそうですねw
他にもたくさんおもしろそうなボードゲームがありました。

カタンはおそらく将棋部で将棋・麻雀以外で一番流行ったゲームですよね。
今でも将棋部メンバーでちょこちょこやってますが、
ようやくたまーに勝てるようになって来ました。
最近ではネット対戦カタンとかも見たりします。

6位のニムトは石田流の人がおすすめしていたような気がしないでもない。
未だ遊ぶ機会に恵まれていませんが、これもおもしろそうですね。

9位はご存知どうぶつしょうぎ。
家に遊びに来た某小学校教師が、紙に動物の絵を描かせてから
駒にしていたのを見て、
あーなるほど本当に子供に向いてるなぁと思いました。
非常に良いアイデアな気がする。


他にはドメモとかもおもしろそうですね。
いやはや。
そしてなんで久し振りにブログとか書いちゃったのかというと
明日カタンの大会に出るからなんですが。
将棋部以外カタンプレイヤーを見たことがないので、
雰囲気からして想像がつかずどきどきですね。

それでは行って来ます。

さつまいもターミナル 

会社の休憩室にテレビがあるんですが、
そこでBSの囲碁将棋チャンネルが見られることに今日気付きました。

普段はお昼のニュースとかのチャンネルになっているのですが、
今日は土曜日で人が少なかったのでチャンネルを適当に変えていたら
突然画面に頭を抱えた稲葉さんが。

アマ名のニュースでした。なんか会社で見るとびっくりするよね。
その後も将棋関連のニュースをいくつかやっていて、
司会の女流の方が珍しくちゃんとしゃべれてると思っていたら笠井さんでした。
超しゃべれてる。すごいよね。

その後、佐藤先生による王座戦の解説が始まったあたりで
女の先輩が入って来て何か言いた気な変な空気になったがどうしようもなかった。


ところで、私が何年か前からさんざっぱら見たい見たいと言っていた映画
「ターミナル」が今日テレビ放映でした。

そろそろDVDでも借りるべきかと思っていたところに予告のCMを見て
一週間くらい楽しみにしていたのですが、
長い間妄想しすぎたせいでストーリーが思っていたのと違いました。

空港で待ち続けている理由と大切な約束が鍵で「泣ける」らしいと聞いたので
ちょっと悲しい話なんだと思い込んでいたいたら、そこはそんなに重要じゃなかった。
どちらかというと空港での人間関係メインのコメディ。
でも念願叶ってかなりすっきり。

日本選手権 

優勝しました!
選手の皆さんお疲れ様でした。そして主催者で対戦相手でもあったリコーの皆様、
どうもありがとうございました。


本日のダイジェスト。

朝、新幹線で東京へ。
駅からタクシーに乗り「大森会館まで」と伝えたところ、今年も大森海岸に連れて行かれそうになる。
かつて「立命館大学料理研究会」で領収書切られたようなものですか。

正午、会場に到着。
軽くミーティング→円陣組んで対局開始。
対局に関してはリコーのブログの方に詳しく載っていると思います。(棋譜はこちらから)
棋譜取りも、一局一台パソコンを使って直接入力するというハイテク振り。
それが生中継されてたらしいですし、年々すごくなりますね。

持ち時間75分という長丁場の中、最初に副将戦が負け。
しかし六将が返して1-1。
この辺りで大体が秒読みに入り、ほぼ同じ頃大将負け、三将勝ちでスコア2-2に。接戦になりもしかして勝てるかも…という雰囲気に。
その後五将、七将の四回生組がきっきり勝って念願の4勝目獲得。
最後の四将戦は負けてしまったものの、結果4-3ということでここ数年で初めて勝つことが出来ました。本当にお疲れ様でした。

表彰式では14人の男性に賞品としてなぜか14本の口紅が贈られたり、指導棋士としていらっしゃっていたSさんの挨拶で一昨年のネタが引っ張られてI本さんがいじられたり。
更に懇親会の選手挨拶でもI本さんが絡まれ、それを受けて最後の棋士挨拶でも再びI本さんがいじられ…と大分かわいそうなことになってました。げ、元気出して。

後でリコーの方がこの選手挨拶の動画をブログに載せようと考えているとおっしゃっていましたが、フルではあまりにも不憫です。

あぁ、あと教祖の中村俊輔似ポジションがN野さんに奪われそうになってましたよ。

暗黒グランギニョル 

今日は総会で一軍戦のオーダー決めましたよ。
それは置いといてそういやバトンもらってたんでしたっけ、2ヵ月半前?
よし、やるか。
------------------------------------
ルールは、
※廻してくれた人から貰った『指定』を 『 』の中に入れて答える事。
※また、廻す時、その人に指定する事。

もらったお題は『教祖』です。
まあ真剣に考え出すと信仰心と言う名のとめどない感情が渦巻きもはや自分でも抑えきれないほどの想いとプリン(以下略)なので第一感でさくさく行きたいと思います。


◆最近思う『教祖』
やたらと寛容。
どんどん許容範囲が広くなっている気がするんですが。

◆この『教祖』には感動!!
深夜に開催される夏の○○祭り。(俺たちの夏はまだ終わらないぜ!が合言葉)

真面目に言うと、バイトで疲れているにも関わらず「今から来ませんか?」「今日来てください」「っていうか当然来ますよね?」などの呼び出しに渋っていても結局来ちゃうところ。

◆直感的『教祖』
広島・重ね着・さつまいもチップス

◆こんな『教祖』は嫌だ!
・メガネがない。
・5階に馴染んでいる。
・なんだかんだ言ってLOVE定額に入ってしまう。

◆もしこの世に『教祖』がなかったら・・・
きょうそよ。そなたは もう じゅうぶんにつよい。
世界が救えません。

◆次に廻す5人(『指定』付きで)
あれ?教祖も回されてませんでしたっけ~?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。