スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさい、神様。あの願いは嘘なんです。 

今年も雪が降りました。

王座戦優勝です!!
本当にみんなお疲れ様でした!

ものすごく悔しい想いをしてみんなで泣いたあの日から一年間、
念願の優勝を勝ち取ることが出来て良かったです。
感無量過ぎて嬉しいとしか言えませんね。本当に嬉しいです!


そしてそうこうしている内にもう大晦日です。
毎年年越しの瞬間をどう迎えるか悩むので、今年はいくつか候補を考えてみました。

その1、年越し桃鉄or年越しカタン
一つ目からいかにもな廃人っぷりですが、これは去年辺りから部内でも出ていた案で
一人暮らしの人々が年明けを一緒に過ごせるところがポイント。

その2、年越し10秒将棋
一見カタンや桃鉄と同じに見えますが「10秒」というところがポイントで、
チェスクロの秒読み機能を使うことによってカウントダウンも出来るという優秀さ!
どうよ。

その3、紅白→ゆく年くる年コース
もしくは他のテレビのカウントダウン番組。並。

その4、年明けた瞬間地球上にいなかったよーっていうやつ。
つまりジャンプ。
やった後ちょっと虚しい。

その5、「時の流れを忘れさせる時計」鑑賞
一時期ネットで流行った、見つめているといつの間にか2、3分経ってしまっている
ネギのあれです。
年越しの瞬間にすら気付かないという点である意味これが一番良いんじゃないかと
思う訳ですがあまり賛同が得られず。

その6、「僕たちのこの寂0302さは 良く似た a happy new yeah!」
国王陛下提唱の一人カラオケ。
私的にマーベラスッ!がツボ過ぎて困ります。なんでそんなに可愛いんでしょうか。

さて、そんな訳で皆様また一年よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。